愛知県豊田市のインドカレー・ナンのインド料理店と言えばSOKKYOナン屋(ソッキョーナンヤ) 国道153号線エディオン豊田本店 トヨタ中央自動車学校近くにあります

ソッキョーナン屋
tel

0565-85-0745

0565-85-0745

営業時間:11:00~15:00(LO14:30)
17:00~21:30(LO21:00)

定休日:水曜日

SOKKYOナン屋の特徴

ナン/インド料理を美味しくお召し上がりいただくための工夫

1 小さめで変な形でお皿に乗っているプレーンナン!?
プレーンナン

ナンは時間が経つと弾力がある噛みにくい状態(本場でチャムロと言われます)になります。それは一番いけないこととして、当店ではクッキーのような硬さの底面、クロワッサンのようなバリバリ感もマイナス要素としています。
そこで、底面の保護のためにお皿からはみ出さないような形で提供しています。また、バリバリの原因となる薄い部分をできるだけ作らないよう、ナンの厚みを確保するために生地を無駄に大きく引き伸ばししません。
食べ終わる頃まで劣化を極力少なくするのが、この一風変わったスタイルの理由です。

2 カレーの辛さが二種類しかない!?
カレーの辛さが二種類

カレーの辛さは「おすすめ」「あまくち」の二種類のみ!
5段階や10段階の辛さを選べる方式だと、多くの方が「普通」をオーダーします。
本場の方だと小さい頃から毎日カレーを食べているので、自分好みの辛さを熟知しているのですが…。
日本人だとそこまで好みが定まっておらず、失敗を恐れて控え目の辛さをオーダーしがちです。
カレーは辛さも美味しさのうちですので、適正な辛さでないと勿体ない!
そこでオフィシャルの辛さである「おすすめ」で、皆様がオーダーする平均値よりも上の辛さを提案しています。
「おすすめ」のオーダー率は80%超えですが、ほとんどの方が完食されている美味しい辛さです!
尚、お子様や辛いのが苦手な方は「あまくち」をご注文下さい。

3 わかる人にはわかる(?)カレーのベースの違い
カレーのベース

カレーのベースは濃い方が濃厚に感じるのですが、濃すぎても舌が読み取れずに味が平坦に感じることがあります。
当店ではそのポイントを見極めて違う要素を足す製法で、手間はかかりますが美味しいベースを作っています。
オイルやバターに頼ればコクが出ますが、それらを極力少なくしつつ…きちんとしたコクや旨味が感じられると思います。
なので食べ終わった後。お帰りの際の印象が脂っこいインド料理を食べたという印象とは異なると思います。

4 セットのナンをチーズナンに変更を勧めない!?
チーズナンのセット

チーズナンというのは焼く釜の構造上、生地の中にチーズを入れないと作れません。
でもそういう作り方をすると、ものすごく大量のチーズを入れないとしっかりとした味が出ません。
ダイレクトにチーズに熱を当てられるピザと比較すると、同じような生地の大きさなら2倍どころじゃない量のチーズが入ってようやく同じようなチーズ感が出るものです。
また、風味出しのために上にバターを塗ります。それがチーズの風味を引き上げます。
なので生クリームの入ったカレーにバターを塗ったチーズナンを食べると…。
一口目は美味しいのですが、半分を超えたあたりからだんだんとくどくなってくる経験は無いでしょうか?
もしチーズを大量に摂取することが目的でなく、チーズの美味しさを味わいたいのなら…。
少ないチーズ量で同じようなチーズらしい美味しさを味わえて値段も安い、カレーのチーズトッピングの方をオススメしております。
尚、どうしてもチーズナンがお好きな方のために、チーズナンをより美味しく食べるためのセット「ナン屋チーズナンセット」を開発しました。
トマトスープ、ハーブスパイス塩、未完のカレー(小)で主役のチーズナンを味変しながらお召し上がりいただくものとなります。

5 「ナン屋」なのにライスのセットが一番人気!?
デイリーカレーセット

ナン+カレーのセットも人気ですが、リピート率が断然高いのが週替わりライスセットの「デイリーカレーセット」
日本に媚びない現地味のカレー(主にネパール)がコンセプトで、ナンにつけるタイプのカレーとは別格のスパイス感がある、多くの方が食べたことのないタイプのカレーです。
しかし、どこかしっくりくるすんなりと受け入れられる味で、決して食べにくいということはなくストレートな美味しさ。
週替わりなので、毎週材料も味もガラッと変わります!
ダール付の「ダルバート」である週がほとんどですが、スープカレ-の時は基本的にダールは付きません。
そんなデイリーカレーのセットも人気ですが、逆に日本のカレーライスに寄せたインドカレー+ライスである「カレーライスシリーズ」も驚きの美味しさと評判です。
完全にオリジナルな製法で作り上げていますので、日本中どこを探しても他では食べられない唯一無二の味!

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP

メニューバー